視力回復を目指すには眼鏡は外すべき?

視力の矯正手段として眼鏡やコンタクトレンズを付ける方法がありますが、これから物を良く見えるようにしたいと考えている方は、眼鏡をかけないほうが良い場合があります。というのは、視力はピントを合わせる力の有無に少なからず関係していますので、眼鏡やコンタクトレンズなどの矯正器具を付けることによって、自力でピントを合わせようとする力が減ってしまうからです。

これは、水晶体の毛様体筋が弱まってしまうことになりますから、眼鏡などをかけることは目の回復には繋がりません。一番肝心なことは、水晶体の毛様体筋を鍛えて、ピントを合わせられるようにすることですから、目の回復を目指している方は、最低限必要な時以外は眼鏡を外したほうが良いでしょう。

眼鏡やコンタクトで視力が回復することはあるの?

矯正器具はあくまでも物を良く見るようにするための道具でしかありませんので、自然と目が良くなることはありません。矯正器具を使い続けていると、それに慣れてしまって自力で視力を回復させることは余計に難しくなるわけです。

ですから、日常生活において常に矯正器具を使用するのではなく、必要な時に応じて使うようにして、普段は裸眼のままで生活したほうが毛様体筋のトレーニングになります。また、気を付けることとしては、必要時に使用する眼鏡やコンタクトレンズは、あまり度の強くないものを選ぶことが大切です。できれば度が弱めのものを使用するようにすれば、物を良く見ようとして毛様体筋が刺激されますので、視力の回復に繋がります。