視力とどう違う?コンタクトレンズの度数の見極め方!

コンタクトレンズを付けるときによく出てくる言葉としては、度数があります。これは何かというと、レンズが持つ矯正力がいくらあるのかというのを示した値です。視力との違いについては、度が入っていないタイプのコンタクトレンズであればそれは自分の持っている視力と同じことがいえます。一方、度が入っているタイプのものを付けることでもともと持っている視力に矯正が加わることで目が見えやすくなります。

 度数は、Dの記号とその横に+0.00という数字表記がありこれがコンタクトレンズの度を示した値となります。視力で表すときは一般の人では0.1から2.0くらいの値で示します。これが0.8から1.0くらいの数値であれば普通の人と同じように生活することができますが、0.5以下である場合はなんらかの補正を必要とすることがいえます。

自分に合うレンズの度数とは?

 コンタクトレンズの度数の見極め方としては、数字の絶対値が大きいほど遠視や近視の度合いが高いということがいえます。自分の目の見えやすさを把握したうえでコンタクトレンズを選ぶようにするのが一般的です。
 ただし、目の見えやすさを把握するには自分勝手な判断ではなく眼科の医師による検査を受けたうえで診察してもらうようにしましょう。また、コンタクトレンズを着用していたとしても目の見えやすさを把握するため定期的な検査を受けるようにします。眼科に通う目安としては、3ヶ月に1回くらい眼科に通うようにするのが良いでしょう。”